トップ > 山陽新聞カルチャープラザ > モダンうるし金継ぎ講座
美術のコース
モダンうるし金継ぎ講座
日本工芸会正会員
田中 恵二
講師プロフィール
【田中 恵二】
1956年、岡山市生まれ。香川県漆芸研究所研究員過程修了。香川県重要無形文化財北岡省三氏に師事。彫漆、堆漆を学ぶ。1988年、岡山県美術展初入選、県展賞受賞。1992年、日本伝統工芸会中国支部展初入選。1996年、日本伝統漆芸展初入選。1999年、日本伝統工芸展初入選。2005年、日本工芸会正会員認定。日本伝統工芸展出品作品「彫漆蒟醤箱」両陛下お買い上げ。2007年、日本工芸会中国支部50周年記念展日本工芸会賞受賞。個展(岡山市、明日香画廊)。2008年、文化庁重要無形文化財「螺鈿」伝承者養成事業研修員。2009年、個展(倉敷市、天満屋)。2013年、個展(姫路市、山陽百貨店)。2015年、螺鈿燿燿展(日本橋、三越本店)。2016年、日本工芸会中国支部展岡山県教育長賞。現在、神戸新聞文化センター、山陽新聞カルチャープラザほか講師、漆芸工房田中漆芸代表、公益社団法人日本工芸会正会員。
開催教室
倉敷中庄教室
〒701-0114
倉敷市松島1154-2 マルナカマスカット店内
Tel.086-464-4322
【受付時間】午前10時~午後8時
【定休日】祝日・ゴールデンウィーク・お盆・年末年始(※無料駐車場あり)
入会と受講のご案内
資料請求はこちら

カルチャープラザ会員特典
①講座見学無料 ※一部を除く
②初心者大歓迎
③いつでも入会可
④各種展覧会優待割引
⑤山陽新聞旅行社のツアー割引
吉備創生カレッジ
講座内容
「金継ぎ(きんつぎ)」は「金繕い(きんつくろい)」とも呼ばれ、古くから伝わる陶磁器修理技法のひとつです。
「金継ぎ(きんつぎ)」は「金繕い(きんつくろい)」とも呼ばれ、古くから伝わる陶磁器修理技法のひとつです。
器の割れや欠損などを漆で修理し、その上に蒔絵をほどこし、新たな景色(模様)を楽しむという、日本人ならではの美意識と物を大切にする心がこもっています。
近年は海外でも注目されはじめた金継ぎを、基礎から勉強してみませんか。
※「モダンうるし」は新素材と組み合わせた「田中漆芸」のオリジナルプログラムです。

講師: 田中 恵二
曜日・時間: 火(第4週)10:00~12:00
受講メモ: 3カ月3回9,750円 持参品/筆記用具
※金継ぎ初心者セット9,300円
定員: 8人
講座日程
休日
開催日

2018年1月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
  
2018年2月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
2018年3月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
  
2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
2018年5月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
  
2018年6月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
翌期の講座: モダンうるし金継ぎ講座
入会
ログイン
カルチャー おすすめはこの講座!
邦楽・舞踊・民謡・音楽のコース
中高年から始めるらくらくキーボードピアノ
花との出会い・四季を知るコース
フラワーレッスン
趣味・手芸のコース
しゅんこうの和紙ちぎり絵
協賛店ピックアップ
山本一門の作品が展示販売されているギャラリー
ギャラリー山本
(芸術・文化/備前市)
外観
川野整体施術院 美作院
(健康・癒し/美作市)
シーンに合わせて選べるサングラスやメガネが揃う
アイリー
(ファッション・暮らし/瀬戸内市)
店舗外観
メガネ本舗 米倉店
(ファッション・暮らし/岡山市南区)
災いを除け幸をとじこめる手づくりシーサー
遊器ギャラリー
(ファッション・暮らし/岡山市北区)
もっと見る
ページのトップへ