トップ > 山陽新聞カルチャープラザ > もっと知りたい大原美術館
特別講座のコース
もっと知りたい大原美術館
柳沢秀行学芸課長、孝岡睦子学芸員
開催教室
本部教室
〒700-8634
岡山市北区柳町2-1-1 山陽新聞社本社ビル6~8階
Tel.086-803-8017
Fax.086-803-8117
【受付時間】月~土曜:午前9時30分~午後7時 日曜:午前9時30分~午後5時00分
【定休日】祝日・ゴールデンウィーク・お盆・年末年始(※無料駐車場なし)
入会と受講のご案内
資料請求はこちら

カルチャープラザ会員特典
①講座見学無料 ※一部を除く
②初心者大歓迎
③いつでも入会可
④各種展覧会優待割引
⑤山陽新聞旅行社のツアー割引
吉備創生カレッジ
講座内容
1930年に日本最初の西洋美術中心の私立美術館として創設された大原美術館(倉敷市中央)。その中核をなすのが、事業家・大原孫三郎(1880-1943年)と画家・児島虎次郎(1881-1929年)の協同により収集された西洋絵画。そして戦後の運営を担った大原總一郎(1909-1968年)による日本近代の洋画です。
この講座は、6回シリーズで、同美術館の学芸員が、エル・グレコ、マティス、ピカゾをはじめ、所蔵する名品の魅力や鑑賞法を紹介。最終回は貸し切りツアーを行い、美術館の魅力をたっぷりとお伝えします。
第1回 10月17日 大原美術館「歴史と作品」
    講師:柳沢 秀行学芸課長
    大原美術館の誕生から今日までの歩みを、各時期の
    収蔵作品とともに紹介します。

第2回 11月21日 「西洋美術史①」
    講師:孝岡 睦子(ちかこ)学芸員
    所蔵の西洋美術作品を通じて、西洋美術史の概要と
    その中での大原美術館所蔵品の特質を語ります。

第3回 12月19日 「西洋美術史②」
    講師:孝岡 睦子(ちかこ)学芸員
    所蔵の西洋美術作品を通じて、西洋美術史の概要と
    その中での大原美術館所蔵品の特質を語ります。

第4回 2019年1月16日 「日本近代洋画史」
    講師:柳沢 秀行学芸課長
    重要文化財2点を含む大原美術館の日本近代洋画を
    紹介しながら、日本近代美術史を語ります。
           
第5回 2月20日 「大原美術館 現代の取り組み」
    講師:柳沢 秀行学芸課長
    年間のべ3千人を超える未就学児の受け入れなど
    大原美術館の先進的な社会連携活動、そして現代を
    生きるアーティストとの協同活動を紹介します。

第6回 3月20日 「イブニングツアー」
    午後5~7時。大原美術館の展示場を貸し切りで
    ご案内します。

講師: 柳沢秀行学芸課長、孝岡睦子学芸員
曜日・時間: 第1~5回(水)10:30~12:00本部教室
第6回3/20(水)17:00~19:00大原美術館展示場
受講メモ: 全6回12,000円(税込み、入館料込み) 持参品/筆記用具、聴講券
※申込方法
 山陽新聞カルチャープラザ本部教室「大原美術館」係へ。住所、氏名、年齢、電話番号を明記の上、はがき(〒700-8634 岡山市北区柳町2-1-1)か、FAX(086-803-8117)か、メール(event@sanyonews.jp)でお申し込みください。定員になり次第締め切ります。
ご入金確認後、聴講券をお送りします。
※回数分の受付はしません。(全6回分のお支払のみです)
定員: 70人
入会
ログイン
カルチャー おすすめはこの講座!
花との出会い・四季を知るコース
初めてのお花(草月流)
邦楽・舞踊・民謡・音楽のコース
~はじめてのピアノ~♪(個人レッスン)
語学のコース
ハングル(中級)
協賛店ピックアップ
「仏壇中原三法堂」大きな看板が目印
(株)中原三法堂 倉敷店
(ファッション・暮らし/倉敷市)
露天風呂
国民宿舎いつき
(レジャー・スポーツ/鏡野町)
山々が見渡せる露天風呂
愛の村温泉 ゆ・ら・り・あ
(健康・癒し/美作市)
(株)マティクス セルフ湯郷給油所
(ファッション・暮らし/美作市)
教室外観
PCらいふパソコンスクール 和気校
(学び・趣味/和気町)
もっと見る
ページのトップへ