トップ > レディース倶楽部一覧 > 2015年度 第3回ステージイベント
2015年11月18日掲載
山陽レディース倶楽部 「きらり」
2015年度 第3回ステージイベント レディース
「子どもの言いなりになっては、きちんと育つはずがありません」と語り掛ける渡辺和子さん
「子どもの言いなりになっては、きちんと育つはずがありません」と語り掛ける渡辺和子さん
「自分を見捨てず、自尊心を持って生きて」と話す渡辺さん
「自分を見捨てず、自尊心を持って生きて」と話す渡辺さん
アカペラグループ「clearance」のコンサート
アカペラグループ「clearance」のコンサート
息の合った歌声で会場を盛り上げた「clearance」。中央が国代哲さん
息の合った歌声で会場を盛り上げた「clearance」。中央が国代哲さん
 会員制女性サークル・山陽レディース倶楽部「きらり」(山陽新聞主催)の第3回ステージイベントが11月1日、岡山市北区表町、岡山シンフォニーホールで、会員約1900人を集めて開かれました。

 ノートルダム清心学園理事長の渡辺和子さんが「置かれた場所で咲くために」と題して講演し、不本意な立場を変える自助努力の大切さや、人生の支えにしてきた言葉を紹介しました。
 小さいころから厳しく育てられた渡辺さんは、「自由とは、『思い通りにならない世の中を、どう生きていくか。それはあなたの自由ですよ』と、いうことです。子どもが本当にかわいいと思うなら、『不自由さ』『我慢』『努力』の経験をさせることが大切です。それが、母の愛情だったと後に気付きました」と、子どものいいなりになっていてはきちんと育つはずがないと訴えました。
 そして、「時間の使い方は命の使い方と同じ」「置かれた場所で咲きなさいとは、仕方ないと諦めず、笑顔で過ごし、周りも笑顔にすること」と、修道院で過ごす中、変化した自身の心持ちについてユーモアを交えながら穏やかに語りました。終盤では、どんなにつらいことがあっても、自分を見捨てず自尊心を大切にして生きてほしいと温かい人柄で伝え、会場全体を優しい空気で包み込みました。

 コンサートでは、国代哲さん率いる男女5人のアカペラグループclearanceが、磨き上げた歌唱力で懐かしの名曲など9曲を披露しました。
 リズミカルなオリジナル曲「快楽ブルーノート」では、軽やかなステップを交えてステージを華やかに演出し、声だけとは思えない多彩なハーモニーや、声で掃除機の音などを再現するユニークなパフォーマンスで、客席を大いに盛り上げました。
 さらに、6年間桃太郎少年合唱団に所属していた国代さんは、合唱で親しんだ日本の歌を大切にしたいという思いから、この日も情感たっぷりに「赤とんぼ」を歌い上げると、聴衆も一緒になって口ずさみ、会場が一体となりました。

入会
ログイン
カルチャー おすすめはこの講座!
美術のコース
日本画
趣味と暮らしの百科コース
やさしい山野草
健康・スポーツのコース
ファミリー・ヨーガ
LaLa入会募集
協賛店ピックアップ
外観
岡山スクエアホテル
(レジャー・スポーツ/岡山市北区)
紳士服はるやま 岡山平井店
(ファッション・暮らし/岡山市中区)
外観
ドコモショップ 高屋店
(ファッション・暮らし/岡山市中区)
店舗外観
メガネの三城 焼山店
(ファッション・暮らし/広島県)
眼鏡市場 倉敷中庄店
(ファッション・暮らし/倉敷市)
もっと見る
ページのトップへ