トップ > レディース倶楽部一覧 > 2016年度 第2回ステージイベント
2016年9月21日掲載
山陽レディース倶楽部 「きらり」
2016年度 第2回ステージイベント レディース
「何事も明るく楽しく、あきらめないがモットー」と話す辻井さん
「何事も明るく楽しく、あきらめないがモットー」と話す辻井さん
母と子の絆を伝える映像が流され、客席では涙する姿も
母と子の絆を伝える映像が流され、客席では涙する姿も
力強い演奏と伸びやかな歌声で客席を沸かせたCurtaincallsのコンサート
力強い演奏と伸びやかな歌声で客席を沸かせたCurtaincallsのコンサート
オリジナル曲「雨」や「うたかた」を披露
オリジナル曲「雨」や「うたかた」を披露
 会員制女性サークル・山陽レディース倶楽部「きらり」(山陽新聞社主催)の第2回ステージイベントが9月3日、岡山市北区表町、岡山シンフォニーホールで、会員約1400人を集めて開かれました。

 盲目のピアニスト辻井伸行さんの母、辻井いつ子さんが「『親ばか』のススメ~子どもの才能を引き出す法則とは~」と題してトークショーを行い、全盲で生まれた長男の伸行さんが、人との出会いや家族の支えによって国際的なピアニストに成長するまでを紹介しました。

 現在は各地で講演活動を行うとともに、子育てに悩む親の意見交換サイトも開設している辻井さんは、「視覚障害がある人にピアノは難しい。大成しない」と言われても「可能性が1%でもあるなら、やってみる。やらなかったら可能性は0%になる」と、応援し続けた当時を振り返りました。そして、「人間の能力と可能性に限界はないと息子に教えられた気がする。『親ばか』と言われようと『うちの子は天才かもしれない』と信じ、たくさん褒めながら夢を後押しすることが大切」と話し、母と子の絆を伝える映像が流れた際には、涙する観客も多くみられました。

 さらに、子育てが終わり、昔からの夢だったラジオのパーソナリティーを務めることとなった辻井さんは「挑戦できるのは、子どもだけではない。親だって可能性が残っている。親も子も諦めずに挑戦し、夢を実現させよう」と、呼びかけました。

 コンサートでは、今春高校を卒業したばかりの堀内悠花さん、樋渡颯さん、柳井健人さんによる3人組のCurtaincallsが、懐かしの名曲など計7曲を披露しました。

 昨年おかやま国際音楽祭2015エンターテイメントチャレンジでグランプリに輝いた実力派グループだけあって、オリジナル曲「雨」と「うたかた」では、会場の熱気も高まり、聴衆からはひときわ大きな拍手を浴びていました。

入会
ログイン
カルチャー おすすめはこの講座!
語学のコース
旅行英会話
着付け・和裁・洋裁・編物のコース
きもの着付 2,4 10時~
着付け・和裁・洋裁・編物のコース
ストレッチ編み
協賛店ピックアップ
人気メニュー シミデトックス
エステティックサロン アンテイン
(健康・癒し/岡山市中区)
レッスン風景
studio PADMA RKスタジオ
(レジャー・スポーツ/岡山市北区)
くらし 器 てぬぐい Gocha
(ファッション・暮らし/倉敷市)
正面ゲート
ヒルゼン高原センター・ジョイフルパーク
(レジャー・スポーツ/真庭市)
外観
じゅうじゅう亭
(飲食/高梁市)
もっと見る
ページのトップへ