トップ > レディース倶楽部一覧 > 2018年度 プチイベント第2弾「フラワーディフューザー作り体験」空間を華やかに彩る
2019年1月17日掲載
山陽レディース倶楽部 「きらり」
2018年度 プチイベント第2弾「フラワーディフューザー作り体験」
空間を華やかに彩る
レディース
会員が作製した美しい彩りのフラワーディフューザー
会員が作製した美しい彩りのフラワーディフューザー
東南アジアの木を素材にしたソラフラワー
東南アジアの木を素材にしたソラフラワー
季節の紅茶とワッフル
季節の紅茶とワッフル
講師からのアドバイスを受けつつ、花と香りの調合に挑戦する参加者
講師からのアドバイスを受けつつ、花と香りの調合に挑戦する参加者
 プチイベント第2弾は、10月4日、山陽新聞社(岡山市北区柳町)で23名が参加し、フラワーアレンジメントやアロマオイルを用いたフラワーディフューザー作り体験を行い、空間を華やかに彩る香り豊かな作品が並びました。

 フラワーディフューザーとは、アルコールとアロマオイルが入ったガラス瓶に、フラワーアレンジメントと香りを拡散させるためのリードを合わせたインテリアの一種です。

 まず、香り部分の作製では、見た目でも楽しめるようハーバリウムの要素を取り入れたため、数種類のオイルとプリザーブドフラワーを組み合わせていきます。どちらも種類が多く、オリジナリティーを出しやすい反面、一度混ぜてしまうと引き算はできません。そのため欲張って入れてしまうと、香りが強くなり過ぎたり、花からにじみ出る色でオイルが濁ってしまったりするので、参加者たちの表情は真剣そのもの。思い思いの作品に近づけるため、講師に相談しつつ、一つずつ丁寧に調合して仕上げます。試行錯誤の末、できあがった香り部分に合わせて、次はフラワーアレンジメント作りです。今回は、ドライフラワーやプリザーブドフラワーだけでなく、香りの拡散効果を高める東南アジアの木を素材にしたソラフラワーや、葦のリードを使用していきます。ブーケの作製は、香り部分の時のような繊細な作業ではないため、参加者同士和気あいあいと話しながら、アレンジを楽しむ様子が見受けられました。最後に、ブーケの茎をガラス瓶の高さに合わせカットすると完成です。

 花のアレンジだけでなく、香りや色合いの調整など全体的に自由度が高い体験だったため、一つ一つが全く異なるまさに世界で1つだけの作品が仕上がり、恒例の観賞や撮影タイムも大いに盛り上がりました。

 体験終了後は、ティータイム。今回は季節限定の紅茶「金柑」とフルーツワッフルを楽しみ、あっという間の2時間となりました。

入会
ログイン
カルチャー おすすめはこの講座!
趣味・手芸のコース
ハワイアンキルト
書道・ボールペン習字のコース
かな書道・実用書道
健康・スポーツのコース
24式太極拳とはじめての32式剣
協賛店ピックアップ
中世の生活情景を再現
中世夢が原
(レジャー・スポーツ/井原市)
とり地蔵 岡山駅前本店
(飲食/岡山市北区)
焼肉ひだや 磨屋町店
(飲食/岡山市北区)
シナカン
(飲食/倉敷市)
眼鏡市場 廿日市宮内店
(ファッション・暮らし/広島県)
もっと見る
ページのトップへ