トップ > レディース倶楽部一覧 > 2019年度 プチイベント第1弾「世界に1つだけのステイショナリー作りに挑戦」
2019年5月28日掲載
山陽レディース倶楽部 「きらり」
2019年度 プチイベント第1弾「世界に1つだけのステイショナリー作りに挑戦」
試行錯誤の上、出来上がった作品
試行錯誤の上、出来上がった作品
乾燥・保存技術の向上により、色鮮やかに仕上がった押し花
乾燥・保存技術の向上により、色鮮やかに仕上がった押し花
敷島堂「ふわりーぬ」と季節の紅茶
敷島堂「ふわりーぬ」と季節の紅茶
押し花の上からフィルムを貼り、デザインを固定させる様子
押し花の上からフィルムを貼り、デザインを固定させる様子
講師の説明を真剣に聞き入る参加者
講師の説明を真剣に聞き入る参加者
 プチイベント第1弾は、5月14日、山陽新聞社(岡山市北区柳町)で18名が参加し、従来のイメージとは異なる色鮮やかな押し花を使用したステイショナリー作り体験を行い、春の彩りを閉じ込めた美しい作品に仕上げました。

 従来の押し花は、乾燥に時間がかかることで色落ちし、少しくすんだ印象でしたが、近年、乾燥技術や保存技術が進歩したことにより目を見張るほど美しく仕上がります。今回はその押し花を使用し、“世界に1つだけの”ボールペン、シャーペン、定規作りに挑戦しました。

 定規作りは、透明かデザイン入りトレーシングペーパーからベースを選び、その上に好みの花をイメージに合わせて並べ、ふたを閉めると完成です。シンプルな中にも、いくつかの注意点があり、押し花の上手なつかみ方や、静電気がおきないようトレーシングペーパーを当ててふたを閉めることなど、講師に指導を受けながら作業にあたります。参加者たちは、花の色や大きさ、配置に細やかな注意を払い、思い思いのイメージで作り上げていました。

 その後、ボールペンとシャーペン作りは、定規と花を統一する人や、花の種類やカラーで分ける人などデザインは千差万別。同じものを作っても、人によって全く違う、それぞれ美しく個性的な作品に整えました。

 体験後は、恒例のティータイム。今回は、敷島堂「ふわりーぬ」「夢二浪漫 チーズブッセ」と季節の紅茶を楽しみ、充実した2時間となりました。

入会
ログイン
カルチャー おすすめはこの講座!
書道・ボールペン習字のコース
筆で名前が書けたらいいな!
ジュニアコース
体操と護身
邦楽・舞踊・民謡・音楽のコース
歌って健康いきいきライフ
協賛店ピックアップ
店舗外観
メガネのひらまつ 今店
(ファッション・暮らし/岡山市北区)
ジャンボカラオケ広場 福山駅前店
(レジャー・スポーツ/広島県)
外観
帽子の万京
(ファッション・暮らし/岡山市北区)
(株)マティクス 津倉給油所
(ファッション・暮らし/岡山市北区)
「仏壇中原三法堂」大きな看板が目印
(株)中原三法堂 倉敷店
(ファッション・暮らし/倉敷市)
もっと見る
ページのトップへ