トップ > レディース倶楽部一覧 > 第3回 山陽レディース倶楽部「きらり」親睦旅行紅葉散策ツアー
2019年12月17日掲載
山陽レディース倶楽部「きらり」
第3回 山陽レディース倶楽部「きらり」親睦旅行
紅葉散策ツアー
レディース
日本一といわれる新見市の親子孫水車
日本一といわれる新見市の親子孫水車
千屋牛のローストビーフがメインの会席
千屋牛のローストビーフがメインの会席
予約困難と名高いトロッコ列車「奥出雲おろち号」
予約困難と名高いトロッコ列車「奥出雲おろち号」
トロッコ列車から見える紅葉を写真に納める会員たち
トロッコ列車から見える紅葉を写真に納める会員たち
絶景が広がる「鬼の舌震」での紅葉散策
絶景が広がる「鬼の舌震」での紅葉散策
 山陽レディース倶楽部「きらり」の親睦旅行は11月15日、会員43人が新見市の親子孫水車や、千屋牛を堪能したのち、プレミアムチケットと名高いトロッコ列車「奥出雲おろち号」に乗って紅葉を楽しみました。

 まず、新見市では夢すき公園に立ち寄り、日本一と言われている「親子孫水車」を見学。近年見かけることが少なくなった水車がのどかな景色に溶け込む姿に、会員たちは目を輝かせ、写真を撮っていました。

 昼食は「哲多食源の里 祥華」で千屋牛会席。新鮮な刺身や揚げたての天ぷら、とり団子鍋や煮物などが並ぶ中でも、厚めにカットされた千屋牛のローストビーフは特に人気があり、参加者は新見の食材を存分に生かした絶品料理の数々に舌鼓を打っていました。

 食後は備後落合駅へ移動し、奥出雲おろち号へ乗車。トロッコ部分には窓がないため、涼やかな秋風を受けながら、現地のボランティアガイドによる解説を聞き、紅葉で美しく色づいた山あいを眺めました。途中、停車駅ではたぬきが100年生きたと伝承される「延命水」を汲んだり、列車が険しい斜面を走るために、進行方向をジグザグに転換するスイッチバックという走行方法を間近で見たりと、見どころが多くあっという間の2時間となりました。

 降車後は、山陰屈指の紅葉スポットとして有名な鬼の舌震へ。ガイド付きツアーだったため、観賞ポイントや草木の説明などを聞きつつ、列車では景色として眺めていた大自然が織りなす鮮やかな紅葉を散策し、日本の秋を満喫しました。

入会
ログイン
カルチャー おすすめはこの講座!
ジュニアコース
子ども合気道
文学・文芸のコース
俳句
趣味・手芸のコース
はじめてのパッチワークキルト
協賛店ピックアップ
外観
サロンド・テン 神辺店
(ファッション・暮らし/広島県)
店舗外観 
車検のコバック 津山店
(ファッション・暮らし/津山市)
山陽新聞カルチャープラザ 児島教室
(学び・趣味/倉敷市)
外観
磯家 岡山駅前店
(飲食/岡山市北区)
店内
結納 まるふく
(ファッション・暮らし/岡山市北区)
もっと見る
ページのトップへ