トップ > レディース倶楽部一覧 > 2017年度 第1回ステージイベント
2017年8月8日掲載
山陽レディース倶楽部 「きらり」
2017年度 第1回ステージイベント レディース
「収納術の隙間の埋め方」を座席と会員の協力により実演するやましたさん
「収納術の隙間の埋め方」を座席と会員の協力により実演するやましたさん
「心地よいものに囲まれていればご機嫌に過ごせる」と話すやましたさん
「心地よいものに囲まれていればご機嫌に過ごせる」と話すやましたさん
和洋の繊細な調べで聴衆を魅了する山路さん
和洋の繊細な調べで聴衆を魅了する山路さん
来年にはアジアツアーも予定されている3人
来年にはアジアツアーも予定されている3人
 会員制女性サークル・山陽レディース倶楽部「きらり」(山陽新聞社主催)の第1回ステージイベントが6月24日、岡山市北区表町、岡山シンフォニーホールで、会員約1900人を集めて開かれました。

 一般財団法人断捨離代表のやましたひでこさんが「引き算の美学~断捨離で日々是ごきげんに生きる智恵~」と題してトークショーを行い、物を手放し、身軽で快適に暮らすヒントを紹介しました。
 元々片付けが苦手だったというやましたさんは、片付けても片付けてもすぐ散らかってしまう負のスパイラルに鬱積(うっせき)していたそうです。
 そんな中、物が片付かない原因を考え、たどり着いたのが「断捨離」とのこと。やましたさんは片付けのヒントとして「まず、家の中に何があるかを理解する『整理』が最も大切だ」と言います。収納したまま忘れ去っている物を捨てることで収納スペースに余裕ができ、片付けやその後の清掃が楽になるそうです。
 やましたさんは、片付けの後押しをするべく、時折会員に話し掛けたり、収納について実演したりと飽きることないトークを繰り広げ、会場は大いに盛り上がりました。
 最後は「断捨離とは何もかも捨てることではありません。限られた空間を軸に、自分の思考感覚感性を総動員して物と向き合い、関係が終わった物とはきちんとお別れし、お気に入りの物だけに囲まれて生きていきましょうという考え方のことです。これは物だけに留まる話ではありません。しかし、人間関係から始めると大騒動が起きるので、まずは物から練習し、これからの毎日をごきげんに過ごしましょう」と呼びかけ、会員からは惜しみない拍手が送られました。

 コンサートでは、筝曲演奏家の山路みほさん、ピアニストの山口友由実さん、尺八奏者のイオ・パヴェルさんの3人がオリジナルを含む6曲を演奏しました。その中でも、一期一会の出会いや大切な人と過ごす宝物のような時間を想い書き下ろした「プレシャスタイム」は、この日のためにスペシャルアレンジされ、原曲とはまた一味違った上質で心地よい協演となりました。

入会
ログイン
カルチャー おすすめはこの講座!
健康・スポーツのコース
やさしいヨーガ
健康・スポーツのコース
ソシアルダンス
書道・ボールペン習字のコース
賞状書き方教室
LaLa入会募集
協賛店ピックアップ
くじら倉敷北SS 全景
内海興産株式会社 倉敷北給油所
(ファッション・暮らし/倉敷市)
店舗外観
車検のコバック 岡山円山店
(ファッション・暮らし/岡山市中区)
ジャンボカラオケ広場 岡山駅前店
(レジャー・スポーツ/岡山市北区)
ジャンボカラオケ広場 中央通り店
(レジャー・スポーツ/広島県)
もっと見る
ページのトップへ